コンビニの弁当をぶら下げて薄暗い社員寮へ帰る独身サラリーマンのむなしさ

脱サラに向けて
孤独のコンビニ弁当サラリーマン

コンビニの弁当をぶら下げて薄暗い社員寮へ帰る独身サラリーマンのむなしさ

 

どうもおかっぺ(@OkappeOmb)です。

 

僕は現在会社の寮に住んでいるのですが、夜遅くにコンビニ弁当をぶら下げた同寮の皆さんが帰宅するのを見るたびにむなしく感じます・・・

 

暗くどんよりした寮の雰囲気

また詳しく書いてもいいのですが、うちの寮は

・6畳一間
・風呂、トイレ、キッチン共同

というなかなかパンチの効いた設定となっております。

 

しかしそれ以上になんとなく雰囲気が暗い・・・

これ、シンプルに廊下とかに電気が点いてないのも原因だと思うのですが、それ以上にな~んかどんよりしてるんですよね。

 

本当社畜の巣窟みたいな雰囲気があります(笑)

まぁ、だからこそ「ここから抜け出してやる!」って結婚に向けてモチベーション上げれる人がいるのも確かです。

 

友達

じゃあ、寮出て一人暮らしすればいいじゃん?

バーロ-、安いのだけは本当魅力だから独身でいる限り出たくないんだよ。

コンビニ弁当ぶら下げて帰る独身サラリーマンのむなしさ

そんな寮には、仲のいい同期や見知らぬ先輩、後輩様々な人が住んでいます。

仕事が忙しい人、暇な人、帰宅時間も出発時間も様々です。

 

一方、こんな人は共通してたくさん見ます。

一人でコンビニ弁当を買って帰ってきては、レンジでチンして食べる人。

コンビニ弁当サラリーマンから出る悲壮感は異常

 

独身サラリーマンとしては普通の姿かもしれません。
ただ、寮の暗さもあるんでしょう、この姿からほとばしる負のオーラが半端ありません。

 

自炊ができる環境も時間もないことを考えると、こうなるのは当たり前なのですが、こんな負のオーラを身にまとって毎日会社と寮を往復する姿は、正直むなしく映ります。

この姿を見るたびに「やっぱ会社と寮を行き帰りするだけの独身サラリーマンでい続けるのはきついわ・・・」と感じます。

 

それもあって?僕はうちの寮では異端児扱いをされる自炊をやっているわけですね。

 

まとめ 独身リーマンコンビニ弁当状態は運気を逃がす・・・?

「独身サラリーマンのコンビニ弁当ぶら下げ状態」を見るたびにサラリーマンの辛さを感じている今日この頃を文章にしたかったんですが、うまくまとまりませんでした!

 

入社から6年間寮住まいの僕は、今までも同じ光景を幾度となく目にしてきているはずです。

しかし、「仕事を辞める」と決めてから、物事の見方が変わったのか、こういうサラリーマンの日常にむなしさを感じるようになりました。

 

毎日会社に当たり前のように通っている人には気付けないかもしれませんが、たまには客観的に自分を見つめてみるといいのかもしれません。

「俺今めっちゃむなしいじゃん」って思うことが意外とあるのかもしれません。

なんの確証もないですが、客観的にむなしさを感じる人って運気も逃げている感じがしますしね。

 

そして、そう思ったことを一つずつ潰していくことで、新しい考え方が生まれてきて運気が高まるかもしれません。
逆に負のオーラをまとった人を見たときは、「人の振り見て我が振り直せ」精神で自分に気合を入れるといいでしょう。

 

 

 

まぁ、コンビニ弁当ぶら下げているサラリーマンにも、夢希望を持った人がたくさんいるわけなので、完全な持論(空論)ですがw

コンビニ弁当がどうとかよりも、その人が出す空気感、雰囲気の方が大事ということです。

なによりコンビニ弁当おいしいし

コメント

タイトルとURLをコピーしました