イスタンブールでベリーダンス鑑賞!コース料理付飲み放題で○○円!

旅行
イスタンブールでベリーダンスショーを鑑賞

どうもおかだ(@OkappeOmb)です。

年末年始の旅行をまだまだ引きずっていきます。

今回はトルコの伝統文化ベリーダンスショーについてです。

 

 

イスタンブールでベリーダンスショーを鑑賞!


ベリーダンス・・・

皆さまのご想像のとおり、オリエンタルな雰囲気の中、オリエンタルな女性(と男性)がステージで舞うショーです。

 

オリエンタルって結局なんなんすか

 

ベリーダンスショー 価格・コース内容

僕らが行った店

色々調べたんですが、結局どこでベリーダンス見れるかよくわからなくて、たまたま見つけたのがこのお店。

少しビビってましたが、中に入るとちゃんとした店で安心しました。

 

以下お店の情報

店名Sultana’s 1001 Nights Show
場所Elmadag Mah. Cumhuriyet Cad. No:40/D | Sisli Merkez, Sisli, Istanbul, Turkey
ショーの時間(たしか)21時~23時
リンクtripadvisor

 

価格はトルコ料理のコースがついて、

  • 飲み放題付き:70ユーロ(約9,000円)
  • ソフトバンクのみ:60ユーロ(約7,700円)

さすがにまぁまぁの値段しますね・・・

気球ツアーの中止でお金が浮いてなかったら行ってなかったかも(笑)

 

コースメニュー紹介

料理はしっかりとしたコース料理が出ます。

ただ腹いっぱいすぎてほとんど食べられなかった・・・(もったいない)

 

てか料理を下げるの早すぎw

普通にあのスピードじゃ食えん

 

写真の撮り漏れあるかもですがご紹介します。

前菜的な!

オムレツみたいな!

 

メイン!魚!

メインの魚料理。身質がやわらかく美味しかったです。

たしか肉と選べたような気がする。

 

デザート!

 

うん、腹減った状態で行きたかったな。

 

ベリーダンスショー開演!

ひのまる

お客さんの母国の国旗をテーブルに立ててくれます。

 

ちなみに、僕らの隣の席も日本人の女性グループでした。

結局イスタンブールで見かけた日本人はこの時の皆さんと、建設会社の金持ちそうなお父さん(とそのご家族)だけでした。

 

建設会社のご家族は、年越しの瞬間をベリーダンス付きのクルーズで迎えると言っておられました。さすが、金持ちはやることが違う。

 

 

ベリーダンス開演!

始まりました!

女性だけじゃなくて、横で男性も踊るのですな。

 

男衆の掛け声

オオオォォォォォ~~!!!!!!!

がいまだに耳から離れません。(いい意味で)

 

メイン的な女性

主役的な女性。

腰の動きがオリエンタル&オリエンタルでした。

 

色気発信

ちなみにあくまで伝統文化ですので、エロいものではありません。

 

男諸君はそういう期待はやめましょう。

もちろん、お客さんには子どもや女性も普通にいます。

 

色んな人が代わる代わる踊る

女性が一人で踊ることもあれば、こうやって入り乱れることもあります。

 

推しメン

僕の推しメン。(今日のピーク)

 

腹踊り

からの腹踊り

 

メイン的な女性 part2

ソロで登場。これはプロい人だ。

 

視聴者参加型企画

最後にはお客さんも参加できる企画がありました。

うちのグループからも僕の友達が選出。

 

1つずつ試練をこなしていって、1つの試練ごとに一人が脱落。
最後に残った男が王様になれる。

みたいな企画です。

 

試練その1

 

これは足が砕けた人が脱落するみたいな試練かな?

 

ちなみに僕の友達は残り3人まで残った後で、惜しくも敗れ去りました。

死ぬほど悔しがってて草生えました。

 

優勝したおっさん

優勝したおっさん。

この顔ですよ。

 

メイン的な女性 part3

この体形まで鍛えるのは大変だろうな~

人に見られる仕事というのは大変だ。

 

まとめ イスタンブールでベリーダンスショー


ということで、イスタンブールでのベリーダンスショーの模様でした。

せっかく海外に行ったからには、ただ食べて飲むだけじゃなくて、こういう体験もいいですよね。

 

まぁ、ベリーダンスに行かず9,000円もあればめちゃくちゃ豪遊できるのもガチですが(笑)

 

ちなみに、「すげ~スタイルだな~」「腹周りの締まりやばいな~」

みたいな感想は抱きますが、エロいものではないので、変な期待はやめましょう。

別に俺も期待しとったわけじゃねーし

是非イスタンブールに行った際は伝統のベリーダンスに触れてみましょう!

コメント